ジャガー横田さんは、体外受精での不妊治療を受けておられました。 子宮筋腫の手術を受けてから体外受精を試みて一度失敗し、次の体外受精までの準備期間に自然妊娠されたそうです。 体外受精での妊娠確率が8〜9%、自然妊娠の確率はなんと3〜4%だといわれていたそうですから、まさに奇跡ですよね。 45歳での初出産までの道のりはとても険しく、医師でもある旦那様の支えがなければ、乗り越えることはできなかったのですよ。 やはり、不妊治療中の配偶者の支えと言うのは、大きな力になるためしょう。 超高齢出産(人によっては、出産前よりも若返ったように感じることもあるのだとか)ということで、お産自体は難産だっただと言えるでしょうが、自然分娩で無事に赤ん坊を生むことができて、とっても元気に育っています。 大維志(たいし)君と名付けられたお子さんと一緒に、ご家族でテレビに出演されることがあります。 実は、ジャガー横田さんは、大維志君に兄弟を作ってあげたいと考え、不妊治療に再び挑戦されました。 しかし、思うような成果が出ない事から、2013年の1月の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)で成果が現れなかったら治療をお休みすると自身のブログにも書かれていますねー